トヨタのシエンタハイブリッドの価格&MAX値引き

トヨタのシエンタハイブリッドが人気。ちょっと気になったので、価格や一般的な値引き相場とMAX値引き、燃費や口コミまでをいろいろと調べてみました。

【トヨタのシエンタハイブリッド】価格とMAX値引きをサクッと教えて!

TOYOTAシエンタの価格とMAX値引きが知りたい!

トヨタのシエンタ、いいですよね。

これから、シエンタの価格や値引き相場などをまとめてお伝えするのですが、まずは最初にあなたが現在乗っている愛車の買取相場を把握しておいてくださいね。

くれぐれも、このままシエンタの販売店に見積りをお願いするなんてことはやめてくださいね。

間違いなく損してしまいますから。

シエンタの販売店、トヨタディーラーでも愛車の下取りはしてくれるのですが、一般相場よりも極端に安い金額になります。

まずは、自分の愛車がどのくらいの価格で買取されてるのか?相場を把握しておきましょう!

方法はかんたんです。

わずか45秒で、今この場で買取相場がわかってしまう無料の中古車一括査定を使うだけ。

▶ 中古車一括査定(無料)はこちら

http://a-satei.com/

 

トヨタの新型シエンタの価格はズバリいくら?

コンパクトでありながら大勢乗れる車として、トヨタのシエンタは人気ですね。
しかも200万円台で購入できるのもうれしい。

シエンタは、福祉車両を除いて全部で10のグレードから選択できます。

各グレード別に、シエンタの車両本体価格をまとめてみました。

グレードと仕様 メーカー希望小売価格(税込)
HYBRID G 7人乗り 2,329,855円(税込)
HYBRID G 6人乗り 2,329,855円(税込)
HYBRID X 7人乗り 2,226,763円(税込)
G 7人乗り 1,980,327円(税込)
G 6人乗り 1,980,327円(税込)
G 6人乗り(4WD) 2,121,709円(税込)
X 7人乗り 1,816,363円(税込)
X 6人乗り(4WD) 1,957,745円(税込)
X“Vパッケージ” 7人乗り 1,689,709円(税込)
X“Vパッケージ” 6人乗り(4WD) 1,831,091円(税込)

トヨタシエンタのグレードを選ぶ際に、考えることが3つあります。

①ハイブリッドにするか?ガソリン車にするか?

トヨタシエンタには、ハイブリッドとガソリン車があります。
ハイブリッドの方が燃費はいいですが、その分割高です。

燃費については、後で詳しく書きますが、
とはいっても、ガソリン車でも街乗りでリッター10km以上は走るので、
決して燃費が悪いってわけではないんですけどね。

②2WDにするか?4WDにするか?

トヨタのシエンタでは、2WDと4WDがあります。

ハイブリッドでの4WD仕様はありませんので、ハイブリッドを選択した場合は、
必然的に2WDの仕様になります。

GとX、X“Vパッケージ”のグレードで4WD仕様が選べます。

山や川、冬はスキーやスノボーなど、アウトドアによく行く人は4WDがいいかもしれないですね。

③7人乗りにするか?6人乗りにするか?

シエンタは、どのグレードも3列シートになりますが、6人乗りと7人乗りがあります。

違いは、セカンドシートにあります。

7人乗りは、ベンチシートのようになって真ん中にも人が座れますが、
6人乗りは、真ん中がシートではなく、携帯など置くのに便利なトレイになっています。

7人乗りの方が人気があるみたいですが、ちょうど中央で左右のシートが分かれているので、
真ん中に座る場合は、ちょうどシートとシートの分かれ目に座ることになります。

どうせなら、左右のシートの幅を6:4など、中央をずらせば、真ん中に座る人にとっても
優しいんですけどね。ちょっと残念。

また、7人乗りでの4WD仕様がないため、4WDを選択すると必然的に6人乗りに限定されてしまいます。

これら3点が決まれば、あなたにピッタリなグレードが見つかると思います。

 

トヨタシエンタのグレード別値引き相場

新車を購入する時には、誰もが少なからず値引き交渉はしますよね。

トヨタシエンタは実際、どの程度の値引きがしてもらえるのでしょうか??

ネットの書き込みと雑誌のレビューを探してみました。

その上でシエンタのグレード別に値引き相場をまとめたのが下記表です。

グレードと仕様 値引き相場
HYBRID G 7人乗り 2万円〜144,000円
HYBRID G 6人乗り 2万円〜136,000円
HYBRID X 7人乗り 2万円〜114,000円
G 7人乗り 2万円〜98,000円
G 6人乗り 23,000円〜98,000円
G 6人乗り(4WD) 2万円〜106,000円
X 7人乗り 2万円〜98,000円
X 6人乗り(4WD) 2万円〜11万円
X“Vパッケージ” 7人乗り 2万円〜97,000円
X“Vパッケージ” 6人乗り(4WD) 2万円〜11万円

 

トヨタシエンタの乗り出し価格はいくら?

トヨタシエンタに限らず、新車を購入する際は下記費用が必要になります。

  • 車両本体価格
  • オプション装備費用
  • 諸経費

これらの費用から値引き額を差っ引いた金額が最終的なシエンタの乗り出し価格です。

車両本体価格は、冒頭でグレード別表にまとめましたね。

ぜひグレード別車両本体価格まとめの表を参考にしてください。

オプション装備の費用は、装備するオプションによって、金額はかなり変わってきます。

トヨタのオフィシャルサイトで、シエンタに装備したいオプションの総額を調べてみてください。

最後に諸経費なんですが、コレもトヨタシエンタ

  • ガソリン車かハイブリッドか?
  • グレード
  • 装備するオプション
  • 販売店
  • 購入する月

によって多少変わってくるのですが、ざっくりとした諸経費は下記になります。

ガソリン車の場合の諸経費

14万円〜20万円程度

ハイブリッドの場合の諸経費

8万2,000円〜145,000円程度

 

下記のフォームで、トヨタシエンタのグレード別の乗り出し価格がわかります。

  • オプションを一切つけない
  • 諸費用を上記相場の最安値
  • 値引きが相場の最大値

だった場合の乗り出し価格です。

あくまでも参考程度にお考えください。

※新車登録する月とは、購入して販売店が新車として陸運局へ登録申請する月のことですが、分からない場合は、翌月の月を選択してください。 

トヨタシエンタの乗り出し価格【計算フォーム】
■ご希望のグレードを選択してください。


■新車登録する月を選択してください。


諸経費合計は
円(税込)です。
値引き相場の最大値は
円です。
シエンタの乗り出し価格は
円(税込)です。

 

私はコレで限界まで値引きしてもらえました!

トヨタシエンタを1万円でも大きく値引きしてもらおうと思ったら、少なからず交渉が必要です。


  • あなた

    トヨタシエンタの見積りお願いします!


  • 営業マン

    はい。特別に2万円のお値引きさせていただきました!
    いかがでしょう?


  • あなた

    じゃ、コレでお願いします!

では、完全にトヨタ販売店側の思うツボですよ笑

とは言え、値引き交渉ができないって人も多いと思うので、次の3つを試してみてください。

①複数の販売店で見積もってもらう

トヨタシエンタは、地域にもよりますが、ネッツトヨタトヨペットトヨタカローラトヨタ自動車の各販売店で購入できます。

必ず、3店舗は足を運んでトヨタシエンタの見積りをとりましょう。

各販売店にとって、各販売店がライバルです。

どうせなら、自分のところでシエンタを買って欲しいと思っています。

1店舗目で見積りしてもらったら、2店舗目では、必ず1店舗目の見積りを見せましょう。

特に交渉する必要はありませんが、


  • あなた

    おんなじ仕様でもう少し安くなれば手が届くのですが・・・

とだけ伝えればOKです。

3店舗目では、1店舗目と2店舗目で安い金額の方の見積りを見せましょう。

2店舗目と同様に


  • あなた

    おんなじ仕様でもう少し安くなれば手が届くのですが・・・

とだけ伝えればOKです。

②ライバル車種と悩んでることを伝える

トヨタ販売店にとって、日産やホンダなどの他メーカーもライバルです。

他メーカーのライバル車種を購入されるよりは、多少値引きしてでも自分のところでシエンタを買ってもらいたいと考えるのが普通です。

何も難しく考える必要はありません。

トヨタシエンタにとってのライバル車種は、ホンダのフリードですから、「正直、フリードとシエンタ、どっちにしようか?悩んでます」とだけ伝えればOKです。

2店舗目、3店舗目では、①の方法も合わせて


  • あなた

    正直、フリードとシエンタ、どっちにしようか?悩んでます。実は別の店舗でもシエンタを見積ってもらったのですが、同じ仕様でもう少し安くなりませんか?そうすればシエンタに手が届くのですが・・・

と伝えるだけでOKですよ。

もし、シエンタの販売店の人が「ご予算はいくらくらいですか?」と聞いてきたら、見せた見積り金額よりも5万〜10万円程度安い金額を伝えてみてください。

この時、くれぐれも極端に安い金額(50万の値引き...etc)は避けましょう。

交渉が始まることなく、「その金額は難しいです」の一言で決裂します笑

③中古車一括査定【無料】を事前に利用しておく

トヨタシエンタで大幅値引きをしてもらう際、この方法が一番効果が高いです。

シエンタをどんなに値引きしてもらっても、現在乗ってる車の買取価格が安くては、せっかくの値引きが台無しです。

トヨタシエンタの販売店でもおそらく下取りはしてもらえますが、相場より極端に低い金額にしかなりません。

自分の車の価値を知らないばっかりに、そのまま下取りに出してしまって、後で後悔する人が続出しています。

まずは事前に、自分の愛車が今現在、どの程度の価格で買取してもらえるのか?あらかじめ知っておく必要があります。

そうすれば、シエンタの販売店での下取り査定も「相場と比較して安いか?高いか?」の判断がつきます。

余りにも安いようなら、他の買取店で買い取ってもらうこともできます。

現在の車の価値を調べるには、中古車一括査定【無料】のサービスが便利です。

愛車のかんたんな情報を入力するだけで、その場にいながらにして愛車の相場がわかります。

さらには、オークションのように複数の業社があなたの愛車を査定してくれるので、自然と買取価格も釣り上がります。

場合によっては、トヨタ販売店での下取り査定の3倍の価格がつくこともあります。

あとで後悔する前に、まずはあなたの愛車の価値を事前に把握しておきましょう。

▶ 中古車一括査定(無料)はこちら

http://a-satei.com/

 

トヨタシエンタのオプション装備とその価格

トヨタシエンタでどんなオプションがあるのか?も気になるところです。

オプション装備と価格をそれぞれまとめました。

【ボディカラー】

ホワイトパールクリスタルシャイン 32,400円(税込)
ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン 32,400円(税込)

【ナビ】

T-Connectナビ ナビレディパッケージ用 157,680円(税込)
エントリーナビ ナビレディパッケージ用 96,120円(税込)
エントリーナビ 95,040円(税込)
T-Connectナビ DCMパッケージ ナビレディパッケージ用 203,040円(税込)
T-Connectナビ DCMパッケージ 201,960円(税込)
T-Connectナビ 156,600円(税込)

【オーディオ】

USB/CDチューナー 27,000円(税込)

【ETC/DSRC】

ビルトインタイプ<ベーシックタイプ> 10,800円(税込)
ビルトインタイプ<ボイスタイプ>(ナビ連動タイプ) 17,280円(税込)
ETC2.0ユニット・ビルトインタイプ(ナビ連動タイプ) 32,400円(税込)
ビルトインタイプ<ボイスタイプ> 14,040円(税込)

【ナビ・オプション】

バックガイドモニター(キット込) 29,160円(税込)
バックガイドモニター 17,280円(税込)
12.1型後席ディスプレイ 99,360円(税込)
ドライブレコーダー 42,660円(税込)
カメラ一体型ドライブレコーダー 21,060円(税込)
iPod対応USB/HDMI入力端子 9,720円(税込)

【エクステリア】

LEDランプパッケージ 105,840円(税込)
185/60R15 タイヤ&15×5 1/2J アルミホイール 54,000円(税込)
195/50R16 タイヤ&16×6J アルミホイール 82,080円(税込)
フレックストーン(※) 54,000円(税込)

サイドバイザー(RVワイド) 27,000円(税込)
レインクリアリングブルーミラー 12,960円(税込)
エアロパーツセット 102,600円(税込)
ガーニッシュセット 104,760円(税込)
フロントロアガーニッシュ 32,400円(税込)
フロントサイドガーニッシュ 25,920円(税込)
サイドガーニッシュ 32,400円(税込)
リヤガーニッシュ 48,600円(税込)
メッキグリル 31,320円(税込)
サイドミラーチャーム 11,880円(税込)
アクセントステッカー(フロントバンパー) 6,480円(税込)
フロントガーニッシュ 25,920円(税込)
サイドウインドゥモール(ダークスモークメッキ調) 32,400円(税込)
アクセントステッカー(フード+リヤクォーター) 19,440円(税込)
カラードリヤワイパー 9,288円(税込)
インナーミラーカバー 6,480円(税込)
フロントスポイラー 41,040円(税込)
サイドマッドガード 41,040円(税込)
リヤバンパースポイラー 31,320円(税込)
リヤスポイラー 32,400円(税込)
ダンパー付リヤスポイラー 46,008円(税込)
LEDアクセントイルミネーション 24,840円(税込)
リヤバンパーステップガード 11,880円(税込)
ナンバーフレーム(デラックス) 2,160円(税込)
ナンバーフレーム(ベーシック) 1,512円(税込)
ナンバーフレーム(字光式用ブラケット・リヤ) 17,388円(税込)
リードフック(車両タイヤ装着タイプ) 14,040円(税込)
カーステッカー 1,080円(税込)
ドアエッジプロテクター(樹脂製) 2,700円(税込)

※ボディの一部のカラーが変更可能です。ただし、一部のベースカラーのみ対応可能

【インテリア】

スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ 29,160円(税込)
アクセサリーコンセント 43,200円(税込)
フロアマット(ベーシックタイプ) 31,320円(税込)
IR(赤外線)カットフィルム(リヤサイド・バックガラス)(スモーク) 21,600円(税込)
フロアマット(デラックスタイプ) 41,040円(税込)
インテリアパネル(スイッチベース) 10,260円(税込)
インテリアパネル(センタークラスター) 14,040円(税込)
インテリアパネル(インパネガーニッシュ) 10,800円(税込)
革調シートカバー(1・2列目用) 48,600円(税込)
革調シートカバー(3列目用) 23,760円(税込)
インテリアイルミネーション(2モードタイプ) 16,200円(税込)
ラゲージルームランプ 10,800円(税込)
LEDバルブセット 15,120円(税込)
ステップライト 17,280円(税込)
アシストグリップ(ヘッドレスト取付タイプ) 16,200円(税込)
アシストグリップ(つり革タイプ) 4,752円(税込)
サイドサポートパッド(シートエプロンタイプ) 21,384円(税込)
バックドアストラップ 4,428円(税込)
シートベルトパッド 6,048円(税込)
ランバーサポートクッション(シートカバータイプ) 37,260円(税込)
アシストグリップ(サードシート乗降用) 10,800円(税込)
ステップ(170mmタイプ) 31,860円(税込)
携帯トイレ(簡易セット) 8,100円(税込)
コンソールボックス 19,440円(税込)
室内カーテン 37,800円(税込)
ダンパー付室内カーテン 37,800円(税込)
ダンパー付室内カーテン 51,408円(税込)
IR(赤外線)カットフィルム(リヤサイド・バックガラス)(クリア) 21,600円(税込)
リヤアシストグリップ(左側用/右側用) 10,260円(税込)
ラゲージボード 10,800円(税込)
トノカバー 12,420円(税込)
ラゲージトレイ 21,600円(税込)
ラゲージソフトトレイ 12,960円(税込)
ロングラゲージマット 18,360円(税込)
ラゲージネット 5,400円(税込)
ラゲージソフトボックス 18,360円(税込)
車載防災セット 12,960円(税込)
ペットシートカバー(2列目用) 19,440円(税込)
車内用ペットキャリー(Sサイズ) 14,580円(税込)
車内用ペットキャリー(Mサイズ) 16,740円(税込)
ヘッドレスト係留リードコード 2,700円(税込)
フルシートカバー(撥水)(1・2列目用) 27,000円(税込)
フルシートカバー(撥水)(3列目用) 15,120円(税込)
シートエプロン 10,800円(税込)
灰皿(フロント用) 3,780円(税込)
クリーンボックスEX 4,320円(税込)
スノー・レジャー用フロアマット(縁高タイプ)(運転席・助手席) 11,340円(税込)

【セーフティ・セキュリティ】

Toyota Safety Sense C プリクラッシュセーフティシステム 54,000円(税込)
SRSサイドエアバッグSRSカーテンシールドエアバッグ 48,600円(税込)

オートアラーム(ベーシック) 37,800円(税込)
盗難防止機能付ナンバーフレームセット(タイプ1) 6,912円(税込)
オートアラーム(プレミアム)(ハイブリッド車、4WD車用) 54,000円(税込)
多重アダプター 3,240円(税込)
盗難防止機能付ナンバーフレームセット(タイプ2) 5,616円(税込)
ロックボルト(ナンバープレート用) 3,240円(税込)
キー付ホイールナット 10,800円(税込)
NEO G-Child ISO leg 84,240円(税込)
NEO G-Child baby 41,040円(税込)
ジュニアシート 37,800円(税込)
カーカバー(防炎タイプ) 21,600円(税込)
合金鋼チェーンスペシャル 18,684円(税込)
レスキューマンIII(ハンマー&カッター) 2,484円(税込)
三角表示板 2,700円(税込)

【エレクトロニクス】

ナビレディパッケージ バックカメラ、ステアリングスイッチ 29,160円(税込)

オートリトラクタブルミラー 14,040円(税込)
コーナーセンサー(ボイス4センサー) 50,760円(税込)
ワイドインナーミラー 6,480円(税込)
ウェルカムライト(運転席) 12,960円(税込)
プラズマクラスター搭載LEDルームランプ 18,792円(税込)
フェンダーランプ(電動リモコン伸縮式・フロントオート) 27,000円(税込)
フェンダーランプ(デザインタイプ) 10,800円(税込)
コーナーセンサー(フロント左右) 30,240円(税込)
コーナーセンサー(リヤ左右) 30,240円(税込)
リモートスタート(スマートキー一体タイプ) 66,960円(税込)
リモートスタート(ベーシックタイプ) 47,520円(税込)
フォグランプ(リヤフォグランプ付車用) 29,160円(税込)
フォグランプ(リヤフォグランプ無車用) 29,160円(税込)
リヤフォグランプ(設定1) 23,760円(税込)
リヤフォグランプ(設定2) 23,760円(税込)
リヤフォグランプ(設定3) 16,200円(税込)
アロマブライト(スターターキット) 3,024円(税込)
アロマブライト(エッセンシャルオイル) 1,512円(税込)
アロマブライト(交換用パッド/5枚セット) 324円(税込)

【その他】

寒冷地仕様 17,280円(税込)


シエンタに限ったことではありませんが、トヨタのオプションはとにかく価格が高い。

ナビひとつとっても、カー用品店で同じ性能の社外品が半値近い価格で売っています。

購入申込み時にしか装備できない、メーカーオプションはいたし方ないですが、
それ以外の装備は、社外品で揃えた方がかなりコストは抑えられます。

問題はローンですね。

トヨタシエンタの購入費を、トヨタのローンで組んでしまうと、
その他社外で買い揃えるオプション装備の費用は、別途必要になります。

キャッシュがあればいいですが、それぞれでローンを組むとなると、
毎月2重のローン支払いが必要になります。

トヨタでのローンに毎月5万円、オートバックスなどカー用品店でのローンに毎月2万円・・・・

みたいになってしまうと、想定していた毎月のローンの支払いがくるってきてしまいます。

カー用品店でのローンを考慮して、トヨタでの毎月の支払いを減らしても、その分支払う回数は増えてしまいますし・・・。

この問題をクリアするには2つの方法が考えられますね。

①銀行などのカーローンを利用する

トヨタのローンは、トヨタファイナンスでローンを組むことになりますが、これは金利が非常に高いことでも有名です。
時期にもよりますが、7.8%といったメチャクチャ高い金利です。

仮に300万円のを60回払い(ボーナス返済なし)で7.8%の金利でローンを組んだ場合、
毎月の支払いは、60,542円で支払い総額は3,632,520円にもなり、63万円以上も多く支払う必要があります。

トヨタファイナンスは、審査がゆるいメリットはありますが、それ以外はデメリットしかありません。

トヨタシエンタの見積りをしてもらった段階で、銀行に行ってカーローンを相談してみた方がいいかと思います。

銀行のカーローンは、銀行によって金利も変わってきますが、2〜3%程度です。

銀行でのカーローンは、審査が少し厳しいですが、あなたが一番利用している銀行であれば、
比較的審査もとおりやすいです。

②現在の車を1円でも高く売却して、オプション装備の費用に充てる

トヨタディーラーでもあなたが現在乗っている車を下取りしてくれるのですが、
かなり叩かれます。

一般的な買取り相場の半値以下で下取りされるケースが多々あります。

トヨタシエンタの見積りは、「下取り車なし」で見積もってもらい、
現在乗られてる車は、中古車一括査定で一番高値で買い取ってくれるところに売却しましょう。

中古車一括査定は、完全無料なので、とりあえず利用されるといいでしょう。

▶ 中古車一括査定(無料)はこちら

http://a-satei.com/

購入するとしたら諸費用はいくら?

トヨタシエンタの販売価格と各オプションの価格を見てきましたが、
やはり気になるのは、コミコミ価格ですね。

トヨタのシエンタを新車で購入するとなると、必要になるコストは大き分けて4つです。

①車両本体価格
②オプション装備の費用
③諸経費
金利(ローンの場合のみ)

①と②に関しては、すでに説明済ですので割愛します。

③の諸経費とは、シエンタを所有するうえで必要な税金や新車登録などにかかる費用です。
購入するトヨタシエンタがハイブリッド、ガソリン車で免税額は変わってきますし、新車登録するのが何月か?でも
自動車税が変わってきます。
また販売店によっても変わってきます
そのため一概には言えませんが、下記の金額が諸経費として必要になります。

ハイブリッドの場合
116,000〜147,000円

ガソリン車の場合
147,000〜180,000円

金利とは、トヨタシエンタを購入する際にローンを組んだ場合にのみ必要になります。

あまり、この部分を考える人は少ないようですが、ローン金利が増えれば、支払総額は大きくなってしまいます。

金利の安い銀行などのローンを利用した方が得策ですが、トヨタファイナンスでのローンを組む人もいるかと思います。

ローンを組む以上、金利を0にすることはできませんが、下記方法で支払い総額は1円でも低くしましょう。

①頭金を増やす

頭金を増やせれば、ローンを組む金額も少なくなります。
ローンを組む金額が少なくなれば、その分利息が減りますね。

もし、シエンタを購入するにあたって、現在の車を売却される場合は、必ず一括査定(無料)を利用してくださいね。

トヨタでの下取り価格よりも高い金額で買い取ってくれるところが必ず見つかりますから。

▶ 中古車一括査定(無料)はこちら

http://a-satei.com/

現在の車が10万でも20万でも高く売却できれば、その分を頭金に回せるので、
シエンタ購入の支払総額は引き下げられます。

②支払い期間を短くする

支払い期間を短縮することでも、シエンタ購入の支払総額は引き下げられます。

例えば、200万円のローンを組むとして、60回払い(5年)にするのか?48回払い(4年)にするのか?でも
利息は変わってきます。

ただ、支払い金額を短縮するということは、イコール毎月の支払負担が大きくなるので、
あまり負担にならない程度の支払い回数にしたいですね。

トヨタシエンタは、どの程度値引きしてもらえるの?

これまで、トヨタシエンタを購入するにあたって、必要な費用をお話しましたが、値引きもあります。

さすがに、値引きなしでシエンタを購入するのは狂気の沙汰としか思えませんww

大きな買い物だからこそ、大きな値引きを期待しますよね。

自分がいろいろと調べてみた結果、トヨタシエンタは、これくらいの値引きが現在されているようです。

ただ、オプション装備によって、価格は変わってきますから、値引きも大きく変わってきます。

あくまでも目安程度のお考えください。

グレード別に値引き相場をまとめました。

【2016年12月現在】
HYBRID G 7人乗り 値引き相場▲ 
HYBRID G 6人乗り 値引き相場▲ 
HYBRID X 7人乗り 値引き相場▲ 
G 7人乗り 値引き相場▲ 
G 6人乗り 値引き相場▲ 
G(4WD) 6人乗り 値引き相場▲ 
X 7人乗り 値引き相場▲ 
X(4WD) 6人乗り 値引き相場▲ 
X“Vパッケージ” 7人乗り 値引き相場▲ 
X“Vパッケージ”(4WD) 6人乗り 値引き相場▲ 

やはり、オプションしだいで金額も大きく変わってくるので、
値引き相場もだいぶ幅がありますね。

シエンタのハイブリッドとガソリン車を徹底比較

トヨタシエンタを購入するにあたって、ハイブリッドにしようか?ガソリン車にしようか?迷ってる人って多いみたいですね。

正直、自分もかなり悩みました。

ちょっとここで、シエンタのハイブリッドとガソリン車、
それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

【ハイブリッドのメリット】
・燃費が良い
・売却時に高値がつきやすい
【ハイブリッドのデメリット】
・価格が高い
・馬力が低い
【ガソリン車のメリット】
・価格が安い
・馬力が高い
【ガソリン車のデメリット】
・燃費が低い
・売却時に値が落ちやすい

ガソリン車のデメリットとして「燃費が悪い」と書きましたが、
あくまでもハイブリッドと比較した場合です。

トヨタのシエンタは、ガソリン車でも一般的な車の中では、
燃費が悪いわけではありません。

トヨタシエンタの燃費が気になる!

ちょっとシエンタの燃費も気になるところだと思うので、
ハイブリッドとガソリン車で燃費を比較してみました。

トヨタシエンタの口コミ教えて!

購入前は「実際にシエンタを購入した人たちは本当に満足してるんだろうか?」
「後悔したりしてないだろうか?」気になりますよね。

自分もそうでした。

自分の場合は、口コミサイトやブログ、SNSなどから、
シエンタを購入した人の意見を調べまくりました。

結構、大変なんですよね。

せっかくなので、ここではシエンタを購入した人たちの口コミをまとめてみました。

ズバリ!トヨタシエンタの評価は?

最終的に、トヨタシエンタを自分なりに評価したいと思います。

正直、良い点と悪い点がありました。

トヨタシエンタの高評価な点

トヨタシエンタの低評価な点

シエンタの個人的評価はこのような感じです。

もちろん、人によって感じ方も違うでしょうから、参考程度に考えてくださいね。

トヨタシエンタとホンダフリードを徹底比較

トヨタシエンタというと、ホンダのフリードが比較されることが多いですね。

価格的にもスペック的にも、同じクラスだからだとは思いますが。

実際、トヨタもライバル車種として意識してると思います。

自分がシエンタを購入しようと、トヨタディーラーに行った時
「フリードにしようか?迷ってる」
って伝えたら、値引きしてくれましたから。

「おいおい!さっきこれ以上の値引きは難しいって言ったじゃん!?」

ってツッコミを入れそうになりましたから(笑)

そこで、トヨタのシエンタとホンダのフリードを比較してみました。

価格を比較

価格はグレードによって違ってきてしまいますので、ハイブリッド車で一番安いグレードをそれぞれ比較してみました。
トヨタシエンタのハイブリッド最安グレードは、HYBRID X(7人乗り)のモデルですね。

一方、ホンダのフリードは、HYBRID B(7人乗り)です。

シエンタHYBRID X:2,226,763円(税込)
フリードHYBRID B:2,256,000円(税込)

※価格は、メーカー希望小売価格です。

価格は、どちらも大差ありませんね。
わずかながらシエンタが安い感じですね。

ただ、どちらも値引きの範囲内なので、実際に見積もってもらった場合の価格差はほとんどないと思います。

実燃費を比較

公式には、それぞれ次のように発表されていますね。

トヨタシエンタ(ハイブリッド):27.2km/L
ホンダフリード(ハイブリッド):27.2km/L

トヨタシエンタ(ガソリン):20.6km/L
ホンダフリード(ガソリン):19.0km/L

でも、このメーカーが発表している数字はあまり信用できないんですよね。

実際の実燃費とは、だいぶかけ離れているケースがほとんどです。

実際には、それぞれどうなんでしょうか。ちょっと調べてみました。

口コミサイトの燃費に関する書き込みから平均値を割り出しました。

トヨタシエンタ(ハイブリッド):18.87km/L
ホンダフリード(ハイブリッド):18.21km/L

トヨタシエンタ(ガソリン):14.21km/L
ホンダフリード(ガソリン):13.72km/L

ハイブリッドとガソリン車でそれぞれ比較しましたが、その差はほんのわずかです。

これは誤差の範囲と言ってもいいかもしれません。

シエンタとフリード、『燃費』という部分で優劣をつけるのは難しいですね。

インパネ部分を比較

まずは、シエンタとフリードそれぞれのインパネ部分を見てみましょう。

トヨタシエンタのインパネ部分

ホンダフリードのインパネ部分

シエンタの方は、シンプルですっきりした印象がありますね。

一方、フリードは木目なども使って、ちょっとコジャレた印象があります。

こればっかりは、完全に好みでしょうね。

乗り心地を比較

続いては、乗り心地の比較です。

やはり、車の乗り心地も重要ですね。
本当は、自分で試乗して確かめるのが一番なのですが、ここでは自分の感じたことをまとめました。

ひとそれぞれ感じ方も違うでしょうから、参考程度にお考えください。

シエンタハイブリッド
・さすがハイブリッド。とにかく社内が静か。ただ、踏み込んだ時のエンジン音はかなり大きい
・ガソリン車と比較するとパワー不足を若干感じるが、このサイズであれば充分
・道路の振動はかなり軽減してくれる
・軽いステアリング

【フリード】
・シートが若干硬い
・足回りが固いのか、道路の凸凹での振動がもろに伝わる
・さすがハイブリッド。社内が静か。ただ、走行中のノイズはかなり気になる
・ガソリン車と比較するとパワー不足を感じる

室内の広さを比較

   シエンタ  フリード
全長 4235mm 4265mm
全幅 1695mm 1695mm
全高 1675mm 1710mm

数値は見ての通り、全長と全高がそれぞれシエンタの方が若干小さいですね。

次に実際にシエンタの車内に乗った感想です。

ひとそれぞれ感じ方も違うでしょうから、参考程度にお考えくださいね。

シエンタ(6人乗り)
・運転席のクッションの硬さも快適で、長時間の運転も楽そう
・2列目はシートも足元も充分な広さ
・2列目の中央にはアームレストと小物入れがあり、快適かつ便利
・3列目シートの足元は、2列目ほどではないが充分な広さ
・3列目の両サイドには、アームレスト兼ドリンクホルダーが装備
・3列目の格納は驚くほど軽くできる

【フリード(6人乗り)】
・運転席のクッションの硬さはやや柔らかいけど、充分快適
・2列目シートは、足元も充分な広さ
・2列目シートの座面が低い
・2列目は両サイドにアームレスト装備
・3列目のシートはあくまでも非常用といった感じ
・3列目中央にアームレスト装備

 

以上。【トヨタのシエンタハイブリッド】価格とMAX値引きをサクッと教えて!でした。